RSS | ATOM | SEARCH
自然派ワイン試飲会&生産者セミナー
先日自然派ワインの合同試飲会&フランスビオワイン3生産者セミナーに行ってきました!


今回はClub Passion du Vin(以下CPV)さん主宰の合同試飲会。
CPVはフランスの自然派ワインの生産者を日本のインポーターさんにご紹介している団体のようで、CPVの紹介でワインをインポートしているインポーターさんが集まり試飲会を開きました。


BMO株式会社(片岡物産株式会社)
野村ユニソン株式会社
エスポア
株式会社モトックス
ディオニー株式会社
株式会社オルヴォー
オリゾン
株式会社イーストラインLa Vigne事業部
大栄産業株式会社
(順不動)


の各社が出展していました。YAFFAでもおつき際させていただいているところも何社かありました・・・。



そしてフランス自然派ワインの生産者として

フィリップ・テシエ
クリストフ・パカレ
マチュ・ラピエール

の3名が来日し、自然派ワインについてセミナーが開かれました。



フィリップ・テシエ(Philippe Tessier)
ロワールのシェヴェルニーの自然派生産者1981年に両親より葡萄畑を引き継ぎ、1998年よりビオロジック農法を始める。ティエリー・ピュズラ、ミカエル・ブージュ、ピエール・マッソン、クリスチャン・コサールなどとトゥーレーヌ地方の自然派ワイン生産者のグループ「les vin de coin(レヴァンドコワン)」の代表を務め、他生産者からも信頼される実直で人望の厚い生産者

YAFFAではまたワインを取り扱ったことはありませんが、今回の試飲会で飲んでみたら美味しい印象でしたので今後メニューに登場するかも・・・?


↓中央やや左の紺色の服の方です





クリストフ・パカレ(Christophe Pacalet)
ワインファンの中ではカリスマ的存在のフィリップ・パカレを従兄弟に持ち、叔父も自然派ボジョレーの重鎮マルセル・ラピエールという血筋。若い頃は料理人として旅してきたが、美味しい”ボジョレー”のワインをつくる為に故郷に戻ってきた。


YAFFAでは2009年のボジョレー・ヌーボーを扱いました。お陰様で1週間経たずに完売御礼しました


↓中央のマイクを持っている方。ボジョレー地方の地理などを話してくれました




マチュー・ラピエール(Mathieu Lapierre
フランス自然派ワインの巨匠マルセル・ラピエールの息子。長年にわたりボジョレー地区モルゴンでワイン造りに携わってきた家系の4代目。樹齢40年のガメイの樹から造られるワインを父マルセルと共に作り続けています。


YAFFAではMorgon 2005 の亜硫酸無添加の物を用意しています


↓マイク片手に醸造方法について軽く一通り話してくれました
 


とても勉強になる話しが聞け、より一層ワイン(特にビオワイン)への興味が深まる一日でした。



P.S.
一緒に試飲&セミナーに行っていた同業のOさんは試飲のしすぎで酔ってしまい、不思議な行動をとってたのですが、後日聞いてみると覚えていない、と。完全な酔っぱらいですね

自分も酔っぱらわないように気をつけないと・・・。

author:yaffaoc, category:ビオワイン, 21:08
comments(0), -, pookmark
Comment